我が家の花・花・花 

私は子供のころからバラの花が好きだった。最近では小さな山野草が特に大好きになった

ボタンクサギがもう随分沢山の花が咲いた後だった★スイスロングステイー5-(6月30日)

ボタンクサギはもう沢山の花が咲いた後だった 45
私の大好きなボタンクサギも留守の間に大分花が咲いた後だった
< < < < <

早咲きの夏菊も開花していた
<

可愛いオダマキの花もまたまた咲き出した
<

☆20日は市の公園の花壇が哀れにも水不足でベコニアが枯れかけているので慌てて水遣りをした☆49
★スイスロングステイー5-(6月30日)★
ゴルナグラート展望台へ~今回のハイライト的な風景に感動!!
その後展望台からリッフェルベルグからアルプまで歩きレストランで昼食・そしてツェルマットまでも歩いた

先ずは出会った小さな花をUPします
00 11 10 09 08 07 06 17 16 14 13 12 15
<ゴルナブラード展望台から~そしてツェルマットまで歩く>
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<<<<<<

そして可愛い花たちも
 26 29 35 34 33

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/07/22(月) 07:00:12|
  2. 夏の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<百日紅が咲いていたよ★スイスロングステイー6-(7月1日) | ホーム | 留守中に咲いた花たち★スイスロングステイー4-(6月29日)シャモニーからツェルマットへ>>

コメント

みーたんさま

コメント有難うございます
今回、ツェルマットに7泊したので色々なコースに
行くことが出来ました
毎日マッターホルンの顔を見ながら起床して、休むという、贅沢な日々でした

今回、雪解けがとても遅かったようで10年に一度だそうです
白いマッターホルンが見られて素敵でした
  1. 2013/07/25(木) 19:56:45 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

ふくやまさま

コメント有難うございます
この絶景がベッドで休みながら見ることが出来たのは幸いでした
この感激を居津までも忘れないでいたいですね
  1. 2013/07/25(木) 19:53:37 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

magamikさま

コメント有難うございます
ホテルで3週間も食べていると体を悪くするような気もしませんか?
私はこの自炊というのがお気に入りでした
ただ食材は日本の方がずっと豊かですから、魚などは殆ど売ってません。缶詰を買ったりしました
それに物価がとても高くて、もやしなどは日本円で200円もするんですよ
生で食べる野菜以外は根菜類ばかりです

ボタンクサギもどんどん下部が増えてきて今に邪魔者扱いされそうです
市の公園の水遣りは夕方5時ごろに行っています
夕飯も作らねばいけませんから~
こちらは殆ど雨無しが続いていて困っています
  1. 2013/07/25(木) 19:48:49 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

懐かしい・。。。景色

同じコースのようですね。
私たちも歩いたところです。
でもお天気はよかったのですが、マッタホルンは恥ずかしかったのか頭を隠したままでした。

すばらしいお天気ですね。
今年は冬が長かったと聞きましたが、山の雪も2年前よりは多いです。
夕日を浴びたホルンも素敵です。
よかったですね^^*
花もたくさん見られましたね。
日本と同じ花がいっぱい咲いているんですよね。
  1. 2013/07/22(月) 23:57:33 |
  2. URL |
  3. みーたん #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

おお!

素晴らしい絶景です。そしてちゃんと花々も忘れなく。
14番の夕景が感動です♪
  1. 2013/07/22(月) 22:24:26 |
  2. URL |
  3. ふくやぎ #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

美しい山々

こんばんわ~
貸別荘での自炊も楽しそうですね。

お庭の花たちも主が帰られ喜んでいるでしょう。
ボタンクサギ、小さな花たちがかわいらしいです。
夏菊が頑張って咲いてくれてますね。

市の公園、花ぐるまさんがお留守中水もらえなかったのかしら?
私は今は夜の7時ころからマンションの花たちの水遣りをしております。

スイスで見られたお花たちは日本で見られるものが多いですね。
親しみを覚えますよ!

美しいスイスの山々、見とれてしまいます。
何度も見せていただきました。

ありがとうございました。






  1. 2013/07/22(月) 21:22:31 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

ちゃぐままさま

コメント有難うございます
私は山に関しては日本の山よりスイスの山の方が
ずっと歩きやすいと思いました
日本の山は道が険しくて細くて岩がごろごろと~すいすでも勿論そういうところもありますが大体は道が広くて歩きやすいです
ですのでカメラは少し大きめのコンデジ、
雨模様のときには小さいカメラ、と思っています
日本でのやまでの撮影は殆ど小さいコンデジです
わあ~嬉しいです
私が撮った写真をデスクトップの???嬉しいです。どうぞどれでもお使いください
もしよろしかったらメールでもお送りしますが~?
  1. 2013/07/22(月) 20:47:35 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

素敵な写真がいっぱい!
今日は大きい写真が見られました。
(こんな高い山だと、日本のトレッキングの時
みたいに大きいカメラは持っていけないの
でしょうね。)
猛暑の日本と違って、空気の匂いと透明感が
伝わってきます。
孤高のマッターホルンすばらしいですね~!
この中の一枚を、デスクトップの背景にお借りして
よろしいでしょうか?
これでスイスに行ったつもりo(^-^)o 
  1. 2013/07/22(月) 20:20:20 |
  2. URL |
  3. ちゃぐまま #tqM4Ut4.
  4. [ 編集 ]

松ぼっくりさま

コメント有難うございます
ここ3日ほどとても涼しく、昨夜は網戸で寝ていました田寒いくらいで閉めました
お天気も変わり目のようですね
ボタンクサギはご近所で頂いたものが8年くらいの間に大きくなりました
菊の品種?そこまでは記憶していません
美しき魔の山~ヨーロッパの若者は冒険好きで
あの残雪の中でも歩いている人が沢山居ましたから。
ただマッターホルンは~今までに挑戦した人たちが下の氷河に500人は眠っているとか~
今回シャーレから嫌というほどマッターホルンを見ることが出来ました
丁度寝室の窓から見えたのです
  1. 2013/07/22(月) 19:29:23 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

オオルリー55さま

コメント有難うございます
マッターホルンは今年は白い部分が多くて雪解けが遅かったようですね
その方が綺麗には見えます
昨年のロングステイで脳梗塞で歩くのが不自由だった人がもう帰りには歩けるようになって帰られたとかで、感激していらっしゃったそうです
そういう事もあるんですね~
  1. 2013/07/22(月) 19:23:58 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

hirugaoさま

コメント有難うございます
7~8年前にご近所から頂いたボタンクサギ、今年は随分株が増えて沢山花が咲きました

今回、お天気に恵まれたので写真も皆良く映っていますが、歩きながら撮る草花の写真は今一でした
  1. 2013/07/22(月) 19:20:57 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

はたやんさま

コメント有難うございます
ボタンクサギは全部咲いてしまうよりちょっと蕾が残っている方が好きで、その時を狙っていました

今年のマッターホルンはまだまだ白い雪が多くて
いつもの年より綺麗です

夕日に映えるマッターホーンは部屋の窓からも見えるので、毎日見ていました
お花を撮っているとつい夢中になってしまいます
  1. 2013/07/22(月) 19:18:07 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

kazuyoo60さま

コメント有難うございます
ボタンクサギはご近所の方に綺麗ですね~といったら苗をくださいました~それからもう7~8年も経っています
ベコニアは矢張り水を上げないと殆ど枯れたような状態でした。3週間の留守の間に~
キングサリやライラックがいまや盛りと咲いていました
ところが秋の花も一緒に出てきます
ヤナギランがもう大きくなっていて、スカピオサはもう花が咲いていました
今回、エーデルワイスは種を買って着ました。
今は冷蔵庫で眠っています
この天辺に登りたくて何人の命が散ったことでしょう
冒険好きの若者が多いヨーロッパです
  1. 2013/07/22(月) 19:14:11 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

ボタンクサギ

こんにちは 戻り梅雨のような天候です。此方は夜など寒いくらいです。

ボタンクサギは華やかな姿容で存在感がありますね。

早咲き菊とはいえ、こんなにも早く咲く菊もあるんですね。
品種は何というのでしょうか?

中学時代の国語の教科書にマッターホルン登頂記が載っていて
題名が「美しき魔の山」と言うものでした。
それ以来マッターホルンの写真を見るたびに
この題名が閃きます。眺めては美しい山も登るには何人もの登山家が
散ったように命と隣り合わせの魔の山なのでしょうが、記事の眺めも
そうした雰囲気がたっぷりですね。
シャーレからの夕方のM・Hの景観は素晴らしいです。
  1. 2013/07/22(月) 18:18:50 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

胸がときめきますね~。

マッタホルンの雄姿、登山に興味を持った人なら一度は登って見たい山ですね。天を突く姿豪快ですね。見るだけで胸がときめきますよ。感動を有難う。沢山の花を堪能して至福の時ですね。綺麗な空気と素晴らしい風景は確かに健康に良いでしょう。後進国の経済発展は凄い速度ですね。地球は汚れ放題です。この雪景色にスモックが掛かるのは何年後ですかね?青い水の惑星を大事にしたいですね。エベレストさえ頂上はゴミの山だそうですね。温暖化で雪の無いマッタホルンは見たくないですね。素晴らしい景色と可憐な花々を見せて戴き有難う御座いました!!
  1. 2013/07/22(月) 14:22:13 |
  2. URL |
  3. オオルリー55 #-
  4. [ 編集 ]

ボタンクサギ

この花いい花ですね~
あでやかで一つの花は可愛くて・・・

マッターホルンの写真素敵に撮れていますね。
私は絵ハガキでしか見たことはないのですが
行ってみたいです。

10日ほどの自由がもらえたらですが。
でも国内の温泉でもいいかななんて小さな幸せです~(笑)
  1. 2013/07/22(月) 11:29:58 |
  2. URL |
  3. hirugao #J7S1TTU6
  4. [ 編集 ]

ボタンクサギ

こんにちは~

ボタンクサギは小さな花が多数集まり、
手まり状にびっしりと咲く花 の様子は
とても美しいですね~

カンカン照りが続いていると公園の花木も
水不足で瀕死の重症かもね、水やり誠に
お疲れ様でした。

マッターホルンの山姿が何とも素晴らしいです
特に夕陽に染まる美しい姿には見入ってしまいました。

途中で眺められた可愛い花々は日本でも
おなじみの花も結構多いですね~

見事な画像を見せて下さって
有難うございます。
  1. 2013/07/22(月) 11:26:54 |
  2. URL |
  3. はたやん #cU5sidCo
  4. [ 編集 ]

ボタンクサギは蕾が濃くて花が咲いて両方楽しめて、良いお花ですね。。
この夏菊や絵で綺麗な菊、ピンクと柿色と良いですね。
ベゴニアだって、この暑さ、毎日だって水が欲しいでしょう。お世話お疲れ様でした。
日本では春か初夏の花、キングサリ今なのですね。アルペンローゼが綺麗です。ライラックも良いですね。エーデルワイスも買いましたが、この花があれほど珍重されるのがイマイチ?です。結局育ちませんでした。ミヤマツリガネソウ、アルプスアザミ、百花繚乱、ほんとに可愛い花たちです。
白い尖ったてっぺん、さすがに見ごたえがありますね。そして歩かれたのですもの。
  1. 2013/07/22(月) 10:29:17 |
  2. URL |
  3. kazuyoo60 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oyl5903.blog10.fc2.com/tb.php/827-c70e0267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

花ぐるま

Author:花ぐるま
子供のころから大好きだった花★主に庭に咲いた花を中心に散歩したり登山に行ったり、旅行をしたりした時の記事も一緒に掲載したいと思います

Calendar 1.

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets

ブログで世界旅行(スイス編)



presented by スイス旅行

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
春の花 (644)
夏の花 (456)
秋の花 (377)
冬の花 (258)
登山 (0)
ハイキング (3)
トレッキング (1)
ボランティア (1)
料理 (0)
ソース (0)
我が家のお客様 (81)
その他 (23)
旅行 (14)
初夏の花 (149)
海外トレッキング (1)
散策 (7)

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR